創業資金でお悩みの方へ!資金サポートを受ける際の注意点

新規事業者必見!金融機関で創業資金の資金サポートを受ける場合のコツとは

店舗型銀行で融資を受けたい人向けの情報

新規で事業を始めたい人で、欠かせない資金の1つに創業資金があります。どのような種類があるかを踏まえたうえで、融資を受ける際の資金計画を立てるのに繋げましょう。

事業に必要な機器や備品購入費用が設備資金。例えば、パソコンや製造用の機械のような費用が該当します。ものによっては高額な金額が櫃用となり、手元に費用が無ければまとまった融資額が必要です。開業までに準備が必要な備品や事務用品、登記代や人件費のような費用が諸費用。ちなみに会社設立時に掛かる費用は、青色申告承認申請書提出目的のレベルなら不要ですが、それ以外なら定款印紙や認証手数料に9万円、登記手数料が15万円以上必要です。少なくても24万円が要るので押さえておきましょう。他には、資本金0円だと他の取引先や金融機関からの印象が良くないかもしれません。それを懸念して、少なくても数百万円の資本金の確保がオススメです。資本金があれば、たとえ経営が思うようにいかなくても安心感を持てるはず。

資金サポートを受けたい時は、店舗型やネット系の金融機関選びをします。特に店舗型であれば、融資を受ける以外に直接担当者と事業経営のアドバイスが受けられるのが強みです。事業経営が初めてで不安を抱く人には、心強さを得られるポイントです。ネット系なら金利は低めな傾向にあり、返済時の負担軽減が図れます。必要な時に借り入れが可能な会社であれば、時間帯を問わず利用できるのも強みになるでしょう。

各種ポイントを把握して、自分に合った融資サポートを受けることができれば、事業経営にプラスに作用するのが期待できます。更に詳しく見ていきましょう。

先ずは創業資金についてイメージを深めましょう

店舗型銀行での融資を受けるなら、メガバンクや地方銀行をはじめ各所選ぶ作業が欠かせません。銀行からの融資があるのを確認できれば、取引先やお客さんからの信用にも繋がるはず。とはいえ、銀行もサービス業なのでお客さん選びは行います。上手くマッチングして、自分に合った銀行を選ぶようにしましょう。

店舗型銀行の担当者が審査時に見ている所とは?

店舗型銀行で融資を受ける前に、担当者による審査があります。特に新規で会社を立ち上げる場合は、事業経営者としての実績が無く、信用も得られるのが難しいです。そこで、銀行担当者が見ている所を把握すれば、融資が受けられる可能性が増すのではないでしょうか。

ネットバンキングを利用するのもアリだが

店舗型銀行は、融資を受けるまでに審査に時間が掛かるうえ担当者との面談が要ります。人によっては、煩わしく感じてしまうことも。ネットバンキングならスピーディーな対応を受けられるうえ、限度額の範囲内なら必要な時に融資を受けることができます。注意点を押さえて、利用するのもアリです。