新規事業者必見!金融機関で創業資金の資金サポートを受ける場合のコツとは

先ずは創業資金についてイメージを深めましょう

創業融資を受けたい人へ

店舗型銀行を利用して創業融資を受ける場合ですが、プロパー融資という銀行から直接融資をしてもらう方法だと利用するのが難しいはず。担当者も事業経営における実績が無い人に融資をするのは、貸し倒れのリスクを伴います。

メガバンクや地方銀行であれば、信用保証協会の制度融資を利用できるかもしれません。創業をサポートする目的で、地方自治体が主体となり金融機関や信用保証協会と連携して提供する制度です。

店舗型銀行の中には、主催で勉強会やセミナー開催も。自分の事業経営に見合うセミナーであれば、スキルアップにも繋がるはず。近年ではオンライン開催も増えており、場所を選ばないで参加できるうえ、感染症ウイルス対策の観点でもプラスの効果があります。

他には、担当者との関係が良好であれば、事業経営の相談にも応じてもらえるため心強さを得られます。

他にも使い方がある?

店舗型銀行を選ぶ際に、ネームバリューやこれまでの実績や付き合いなどで選ぶのもアリです。しかし、事業経営を進める際には、選ぶ際に押さえておきたいポイントはあります。

例えば、売上金の入金や支払いのために現金引き出しを良くする場合、ATMを利用するはず。地域により取り扱う銀行の数はまちまちですが、各地域におけるATM設置が多い所だと入金や支払いの手間が抑えられるでしょう。平日にお金を引き出したり振り込み先が同じ銀行だったりするなら、手数料が無料となる場合も。各種手数料は出費で嵩みやすいので、見逃せないポイントです。

他には、事業経営が地方限定なのか全国展開を目指しているかで、選び方が異なります。地域に根差した経営をするなら地方銀行、全国展開を目指す人はメガバンクがオススメ。ただし、創業融資利用の観点では、メガバンクは審査のハードルが高いかもしれません。